どうも!
探偵事務所の山田です。

出会いがあれば当然別れもあるもの。

あなたにもこれまで彼氏との別れも少なからずあったと思います。

嫌な別れであったとしても
時間を経たなら綺麗な関係になりたいものですが、
相談を聞いている限りでは、
別れたはずなのになかなか関係を解消しきれない、
というパターンが多いようです。

例えば、「いつまでもしつこい」元彼。

メールがひっきりなしに来る
脅すような言葉を使ってくる
あなたがいないと生きていないととにかく連呼する

このような行為があなたの心を蝕んでいきます。

こんなことがずっと続いていたら、
新しい幸せに向かって進んでいくことができないし、
あなたの心が壊れていってしまいますよね。

そんなあなたのために

しつこい元彼にどう対処していけばよいのかを
まとめてみました!

 

元彼がしつこい時の対処法

では元彼からの連絡がしつこく来る時の対処法について、
具体的に対処法をあげていきます。

1.連絡先そのものを変えてしまう

以前、いつまでも昔の彼女を追いかけている友人がいて

「電話に出てくれないんだ。
でも、つながるってことはまだ番号が変わっていないわけで。
きっといつか出てくれると思うんだ」

と言いながら電話をしている光景を思い出します。

つまり、
メールが届く
電話がつながる
という状況自体が望みを抱かせてしまうということですね。

そういう淡い期待をかき消すためには、
可能であるならば連絡先をきっぱりと変えてしまうのが良いでしょう。

メールが届きませんというような文字を見れば
「自分と彼女はまだつなっている」
という妄想が消え、
「もう別れてしまった」
という現実をひしひしと感じてくれるはずです。

2.ついついメールを返さない

よくあるパターンなのですが、

「もうだめだ。お前がいなければ生きていけない」
というようなメールがひっきりなしにきて、
「大丈夫! 私がいなくても」
とついつい返事を返してしまうパターンです。

どんな場合でも、絶対に返信をしてはいけません。

特に情が深い人は注意が必要です。

「こんなに苦しんでいるんだもの。何とかしてあげないと。」
その気持ちはわからなくもありません。

でも、これはある意味相手の作戦の一つです。
相手のペースにそのまま巻き込まれてしまう可能性があります。

非情に感じるかもしれませんが、
彼の人生は彼のものであり、実はあなたの人生とは関係がない、
ということを、しっかり意識することが大事です。

3.SNSで自分の反応をしめさない

よくあるのが
「元彼の連絡が多くて…いつになったらやむのかな」
というようなことをSNSなどで投稿をしてしまうことです。

SNSに投稿するという行為は、いつどこで元彼が目にしてもおかしくない
という危険をはらんでいます。

「何をこのやろう」と相手を刺激してしまい、
とんでもないことに巻き込まれる恐れがあるのです。

そのために、SNSでの発信には気を付けるようにしましょう。

4.第3者の力を借りる

もしひっきりなしに電話がかかってきて困るという場合には
第3者に電話を出てガツンと言ってもらうという方法もあります。

例えば自分の父親などですと、
「身内も知っているということは、自分の行為がいろいろな人に知られてしまっている」
とふと我に返る機会となって、
相手に逆上をさせることなく威圧感を与えることができます。

「新しい彼氏」やそうと捉えられてしまいそうな男性の友人などに
依頼するのは危険です。

元彼を逆上させてしまう恐れがあります。

「不幸なのは自分だけなのか?」と勝手に被害者になり、
被害妄想で攻撃して来るかもしれません。

5.公的機関を利用する

「今から弁護士をやとって話をするところなんだ」
「警察にストーカーで届出を出している」

このように、権威のある第三者に頼って
対処していることを伝えるという方法もあります。

真面目な社会人であれば
少なからずとも「ヤバイ」とハッとすることもあります。

特にオススメなのは
「今探偵にいろいろ証拠集めてもらっているんだよね」
ということです。

依頼していることを装うだけではなくて、
あまりにも社会的に度が過ぎている場合は、
本当に依頼していただいた方がいいかもしれません。

元彼がそのままストーカーになってしまったり
あなたの命の危険がさらされることもあるので
私達に任せてもらったほうがより専門的に解決することができることもあります。

警察などでは、できることに限界があることもありますから。

元彼がしつこい時の対処法/まとめ

元彼の連絡がしつこい場合

1.連絡先を消去する

2.メールを返さない

3.SNSなどに自分の気持ちを表出しない

4.第3者の力を借りる

5.公的機関を利用していることを伝える

ことが大切です。

あまり簡単に考えずに、きちんと対処していきましょう。

以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

営業時間・情報
0120-905-654
年中無休、24時間受け付けております
おすすめの記事
国民生活センター

法テラス

札幌弁護士会

北海道警察
札幌探偵事務所へのメール問い合わせ