「ストーカー行為がバレて人生終了男」( 原作/門馬司 漫画/芥瀬良せら)という漫画をご存知でしょうか?

私は電子漫画として読んだんですが、主人公の大学生が偶然見かけたかわいい女の子の後をつけて家を突き止めるのを趣味としており、就職が決まったと同時にもうこれが最後にしようと決めて後をつけていた女の子に警察を呼ばれてしまうという、なんとも哀しい話なんですが
(結末はハッピーエンドです)

実際、警察を呼ばれたら人生終了なのか?

ってことが気になり、事例を調べてみました。

 

電車などでの痴漢行為の場合、痴漢だと騒がれて駅員さんに連れていかれ、警察を呼ばれたら人生終了・・・という感じですが

ストーカーは痴漢行為と違って、よっぽど悪質な嫌がらせ行為をしてその証拠を押さえられない限り、警察は注意以外にどうすることもできず逮捕されることは少ないようです。

逮捕されなければ警察に拘束されることもないので職場や知り合いに知られる可能性も低く、人生終了ということにはなりにくいです。

 

でも証拠を押さえられたら警察は動きます。
逆に言えば、ストーカー行為をやめてほしかったら、証拠を押さえて警察に相談することです。

でないと「気のせいじゃないですか」「本当に?」となってしまいますので。

(参考)ストーカー行為の規制等に関する法律 第二条

一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。
 二 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
 三 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
 四 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
 五 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ若しくはファクシミリ装置を用いて送信すること。
 六 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
 七 その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
 八 その性的 羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。

ここからも読み取れるように畏怖していることや、身体の危機があることを伝えることも大切ですよ。

 

あなたの目的が、ストーカーを逮捕してもらうことではなく、ストーカー行為をやめてもらうことなら、逮捕にこだわらず相手に今後一切かかわりを持たないという誓約書を間に警察に入っていただき、書いてもらうだけでも効果的です。

 

その際、やはり証拠は大事で、証拠がなければストーカー行為を認めないというケースが多いのです。

 

ストーカー行為はだんだんエスカレートしていきますので、ストーカーされていると気付いたら、少しでも早く行動するべきです。早い段階なら、ストーカーもすんなり諦める可能性が高いです。

 

もしかしてこれってストーカーなの!?と思うようなことがあったら、さっぽろ探偵事務所にご相談ください。

営業時間・情報
0120-905-654
年中無休、24時間受け付けております
おすすめの記事
国民生活センター

法テラス

札幌弁護士会

北海道警察
札幌探偵事務所へのメール問い合わせ