ブログ

「妻が怪しいな」と感じたときにチェックしておきたいこと

どうも探偵事務所の山田です。

「最近何だか妻が怪しいな・・・」

とあなたは感じたりはしていませんか?

些細な行動の変化を感じたり、言動に不自然さを感じたり。
何だかわからないけど「気になる」ということ、ありますよね。

気のせいと行ってしまえば気のせいなのかもしれません。

でもですね。
実は、あなたが「なんだか怪しい」と感じたとしたら、
その感覚は当たっていることが多いのです。

人は直感というものを持っていて、
その直感は嫌な方向にもきちんと働くものなのです。

そこで今回の記事では

妻が「なんだか怪しい」と思ったときにチェックしておきたいことをお伝えしていきます。

 

妻が怪しいと感じたときにチェックをしておきたいところ

「なんだか怪しいな」とあなたが思ったとしても、
「携帯電話を見せろ」
といきなり言い出すことはもちろんNGです。

当然ですが、思いっきり拒否されるでしょうし、
万が一、何もなければそれこそ信頼関係に
ヒビが入ることになってしまいます。

そうなってしまっては取り返しがつきません。
一度失った信頼は取り戻すのが大変ですし、
“疑われている”と知ったら、警戒されてしまうでしょう。

そんなことをせずに、まずやれることとしては、
奥さんの変化をしっかりと「観察する」ということです。

1. 妻の容姿や普段の会話や興味に変化がないか

まず奥さんの様子をよく観察しましょう。
何か変化はありませんか?

  • 口紅の色が変わっている
  • 見たことのない服や靴が増えている
  • 今まで選んだことのないようなに服を身につけている
  • これまで興味のなかった歌手や芸能人のこと話している
  • 急にいろいろなことに興味を持ちはじめた
    (やたらと料理にこだわるなど)

上記のような、以前とは違う変化が奥さんに生じているようなら、
何か外的な影響を受けて意識下に変化を起こしているかもしれません。

そのような潜在的な影響による変化は無意識に起こっているものなので
なかなか隠そうと思っても隠すことはできないものです。

2. 外出頻度や帰宅時間の変化

妻の帰宅時間や外出頻度にも注意する必要があります。

  • 最近会社の飲み会や友達と会うといって外出することが増えた
  • 仕事が残業ということで帰宅する時間が遅くなった
  • 休みの日も「習い事」と称してやたらと外出するようになる

このように、明らかに依然と比べて帰宅時間や、
外出頻度に変化が出たら、要注意です。

“誰か”と会っている可能性も否定できないのです。

3. あなたへの態度の変化

あなたに対する態度に変化はありませんか。

最近やたらと冷たくなった

と、他に好きな人ができてしまうと、
必然的に夫に冷たくなってしまう女性もいます。

あからさまに冷たいということではないけど、

  • 返事が上の空に感じる
  • 自分のことに必要以上に興味を示してこなくなった

といった変化もあります。
二人の関係に変化があるか振り返ってみましょう。

逆に、あなたに対して非常に優しくなることもあります。

これは罪悪感から、必要以上にあなたに対して
許容範囲を広がる、ということがあります。

  • 以前怒られていたことも優しく許してもらえるようになった
  • 以前より器が大きくなったような気がする

このように必要以上に優しくなってきた場合には注意をしましょう。

また、

夜の生活を急に求めるようになったときも
細心の注意を払う必要があります。

これは浮気相手と会えない寂しさから
あなたにすがっているかもしれないですから。

 

もし奥さんに多くの変化が見られる場合には

信じていた最愛の妻から
上記にあげたようなチェックポイントが
たくさん見つかってしまった・・・

「ウソだろ?」という気持ちで
あなたは一瞬パニックに陥ってしまうでしょう。

「考えないようにしよう」としても
やはり気になってしまうのが人間。

疑いの気持ちをこらえきれず、
ついつい妻を攻めたてようとする人もいます。

しかし、それは絶対にNGです。

あくまでも「それっぽい兆候」が見られただけで
確実な証拠があるわけではないからです。

「やってない」としらを切りとおすかもしれませんし、
本当に何もないかもしれません。

「もう離婚する」ということで、逃げてしまう可能性もありますし、
疑われた、ということで関係が悪化することがあるかもしれません。

そのような事態を防ぐためにも冷静な気持ちで
まずは専門家に相談してみましょう。

きちんと調べて、証拠が見つかってから行動、
で決して遅くはありませんし、
よりよい方法を見つけることができるかもしれません。

 

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

電話番号バナー300x300 メール問い合わせバナー
ページ上部へ戻る