「婚約中の彼氏の浮気LINEを発見したんだけど、慰謝料は取れますか?」

という相談を受けました。

 

婚約中の彼氏が浮気したら慰謝料はもらえるのか

まず、その浮気が原因で彼氏と別れることになった場合には、婚約不履行による精神的苦痛に対しての損害賠償が請求できます。
別れるつもりがないのであれば、婚約不履行ではないので誰に対しても損害賠償の請求はできません。

さらに婚約破棄によって実際に損害が出た場合、実損に対する請求ができます。
例えば、予約していた式場のキャンセル料が発生した場合、指輪や新居を購入していた場合等。

 

慰謝料をもらうためには浮気の証明が必要

請求をする場合、婚姻中だと特別に婚姻を証明する必要はありませんが、婚約中の場合は婚約を証明するものが必要です。
「結婚しようね」という口約束だけでは婚約を証明することにはなりません。
婚約証書を作成してる場合か、両親を紹介しあった場合は婚約を証明することになります。

 

もう一つ必要なものが、相手が浮気をしたことの証明です。
ここで探偵事務所の出番なわけですが。

 

まず、LINEで浮気が発覚したらしいのですが、「この前は楽しかったよ♡」とか「今度はいつ来るの?」などの内容だと証拠にはなりにくいです。
どんな風にも言い逃れできますよね。
はっきりと肉体関係があったことが分かるような内容でないといけません。

 

そして、LINEの画面キャプチャを自分のPCなどに転送することはあまりお勧めしません。
するとしたら、LINEが表示されている彼氏のスマホごと撮影するのがベターです。
ただ、彼氏が素直に認めてくれたらいいのですが、逆にプライバシー侵害や不正アクセス禁止法に抵触すると訴えられる可能性があります。

 

たとえ結婚していても、勝手に相手のSNSにログインしたりスマホを見ることは、プライバシーの侵害に当たります。

なので、一番いいのは相手のスマホの画面にLINEのポップアップが出たのを偶然見てしまって疑いを持っていることを相手に伝え
相手に浮気を認めさせることです。

 

でも認めたからといって安心はできません。
あとから否定してくることもあります。

 

だからこそはっきりとした証明が必要なのです。

彼が浮気相手とホテルから出てくる現場を押さえた写真やカードの明細、レシートなどです。

 

慰謝料を請求するだけの価値はあるのか

ただ、浮気の証明を得たとして、裁判に勝っても、相手から請求できる慰謝料は30万円程度です。
あなたの気持ちを収めるために請求して決着をつけるのであれば、それでいいのですが
当さっぽろ探偵事務所は良心的な料金で証拠集めをしますが、それにしても探偵の費用と弁護士費用を考えると
30万円は安いですよね。

 

もちろん浮気による婚約破棄は刑事事件ではないので、相手が浮気を認めて示談が成立したら、裁判をしなくても慰謝料をもらうことはできます。
LINEだけで相手が認めた場合はその他の証拠もいらないでしょう。

 

でもそんな労力をかけてまで、相手にたった30万円のダメージを与えたいですか?
私だったら一発ビンタして次の相手を見つけます。

 

もし、金額ではない!私の本気な気持ちを踏みにじったあいつに少しでも罪の意識を感じさせたい!!
と思うのであれば、我々が全力でお手伝いします。

 

営業時間・情報
0120-905-654
年中無休、24時間受け付けております
おすすめの記事
国民生活センター

法テラス

札幌弁護士会

北海道警察
札幌探偵事務所へのメール問い合わせ