ブログ

「見落としていた!」既婚者が陥る同窓会の罠

どうも!
探偵事務所の山田です。

この記事では
既婚者が陥りやすい同窓会の罠について
詳しくお伝えしていこうと思います。

最近同窓会に行ったという夫をお持ちのあなた。

夫を同窓会に送り出したとき、
あなたはふと心配になりませんでしたか?

「同窓会で変なことしないよね?」
「まさか私を裏切ったりしないよね」

というように。

このふとした胸騒ぎは
無視しないほうがいいかもしれません。

その後の夫の行動などをしっかりと見ておかないと
いつか取り返しのつかないことになる可能性があります。

今、「心当たりがある」と感じたあなた。

注意が必要な理由についてお教えします。

同窓会では既婚者であろうと男女の関係になりやすい

結論から言いますと
既婚者同士であろうとも

同窓会に行くことで、男女の関係に発展する可能性が高いのです。

「ええっお互い既婚者でもそんなことが
起こってしまうの?」

はい。そうなのです。

相談者の中にも実際に同窓会で出会い
浮気をしたという人が何人かいらっしゃいます。

どうして同窓会は危険がひめられているのでしょうか?

 

どうして同窓会は危険が潜んでいるのだろうか

1. 久しぶりの出会いの中に刺激が注がれてしまうから

よくもあれ悪くもあれ

既婚者は家庭を持ち、
安定した生活を送っていることが多いものです。

毎日会社に行き、
仕事を終えて夕食を食べる。

土日は家族サービスのために
どこか遊園地やファミリーレストランに行く。

このようにはた目にはごく普通で
安定しているように見えるでしょうが、

違う角度から見ると
単調な毎日で変化がない
ということになりますよね。

実際に、
このような毎日に、ひそかに退屈をしている男たちも
少なくはありません。
(もちろん女性もそうですよね)

「なんかいい刺激がないかな」と捜し歩いている
不届き者がいることも事実です。

そんな状況の男が同窓会に参加すれば、
退屈だった日常に急に光が差し込みます。

「すごい新鮮だ!」
と久しぶりに会った異性の友人を見て心に稲妻が走ってしまうことも。

そんな勢いで浮気や不倫に走ってしまう、なんてパターンは
想像に難くありません。

 

2. 人間関係のフィルターがとれているので仲良くなりやすい

もう一つは”人間関係のフィルター”がはがれてしまっているので
非常に親密になりやすいということがあります。

同じ青春時代を過ごした仲間です。

自分は相手の過去を知っている、
相手も自分の過去を知っている。

そんなことで、お互いに深いところまで知っている仲だ、
という勘違いが起きます。

つまり、人間関係の壁が初めから取り去られている
と言っても過言ではないのです。

久しぶりに会ったにもかかわらず
「おうっ! 元気にしてた?」なんて、
自然と距離感を詰めることができてしまうのです。

初対面の人の場合はそうはいきません。

「この人大丈夫かな」
と相手を警戒してしまいますよね。

しかし、警戒がなくなっているということは、
逆に親密な関係になりやすいという
わなが潜んでいるわけです。

 

3.共通点を見出しやすい

当然ですが、話がものすごく合うはずでよね。

昔見ていたアニメ
中学時代のこと
昔怖かった先生の名前

など、いろんな共通点を話して盛り上がることができます。

話をしているとお互いに
日々のの会話とは違って、
「すごく楽しい」
と感じてしまうことでしょう。

そして、どこか楽で居心地の良い感覚に包まれてしまうことも
少なくはないはず。

そんなこんなから連絡先を交換し、
いつしか家庭の時間を割き
電話やメールなどの連絡に没頭してしまう
なんてことが起きたりするのです。

どうして?

だって、楽しくて心地が良いから。

 

最後に

もしあなたの夫が同窓会に行ってきてから

携帯を触っている様子を見かけることがが増えた
外に帰ってこない時間が多い

のようなことが思い当たるなら、
本当に浮気に発展してしまう可能性があります

細心の注意を払って観察することが必要になります。

できるだけ早く手を打たないと
取り返しのつかないことになってしまいます。

そうなる前に一度、探偵事務所に相談をしてみるのが
最も賢明な判断と言えるかもしれません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

電話番号バナー300x300 メール問い合わせバナー
ページ上部へ戻る