ブログ

「娘が家出してしまった!」そんなときに考えておきたいこと

どうも探偵事務所の山田です。

この記事では
あなたの大事な愛娘が家出をしてしまったときに
見ていてほしい内容です。

特に未成年の家出となると

早急な対策が必要になるかもしれません。

なぜならば、
未成年の女子は犯罪に巻き込まれやすいからです。

ネオン街に一人ぽつんといる
そこで、経済力もないままじっとしているところを思い浮かべてみてください。

そんなときにお金を持ってそうな人に声をかけられたとして・・

「ご飯をごちそうしてもらえるかも」
とついついついていってしまうことも考えられます。

そう。未成年の一人は危険がいっぱいなのです。

 

娘が家出した場合にまずはしておいてほしいこと

1,娘に連絡を入れる

もし、あなたの娘さんが携帯電話を持っているのであれば
連絡を入れましょう。

そこで、留守番電話などになっても

「心配している」というメッセージを入れることは忘れないようにしてくださいね。

実際に連絡を入れてつながるということで
安否を確認するための材料にもなりえます。

 

2,学校に連絡を入れる

もしも学校に通っているのであれば
教員に連絡を入れるということも重要です。

中には、
「学校にばれると格好悪い」
ということで連絡をしないという人もいますから

驚くべきことです。

体裁を気にしている暇は当然ありません。

少しでも見つかる可能性を探すために
学校に連絡を入れておきましょう。

 

3,娘の友人に連絡をしておく

娘の近い存在である友人にも連絡をしておきます。

「あっ○○ならもしかしたらあそこに行っているかもしれない」
重要な手がかりを持っている可能性は当然あります。

「でも娘の連絡先を知らないんだけど」
と悩むあなたは
SNSなどを利用しましょう。

フェイスブックなどをたどっていくと
友人に出会えることができます。

また「普段の友達を知らない」
というあなたは、学校に連絡をし、

学校から連絡をしてもらうということも一つの手です。

娘の家でしそうな場所に探しに行く

情報を手掛かりに実際に娘が行きそうな場所を探しに行くのも良いです。

実際に私はこれを実践し
数多くの発見例があるので、進めるべき方法だと言えます。

特に思春期の女子の場合
明かりがついている繁華街に行っていることも少なくありません。

あなたの娘さんをよーく振り返り
行きそうな場所を探しに行くということも
考慮に入れておいてください。

 

最後にどうしても見つからない場合長期に家出をしてしまっている場合は専門家へ依頼を行うように

最後になりましたが
どうしても家出の手がかりがつかむことができない

家出が1か月以上長期にわたっている

そんな場合は、専門家に依頼し

捜索をお願いすることが大事になってきます。

例えば警察に捜索願いを出すこともできます。

ただ、事情を聴き捜査が開始されるまでに時間がかかるということが
考えられます。

早急な捜査を依頼するのであれば
探偵事務所に依頼するということも一つの手です。

迅速な捜査を行い一刻も早く娘さんの救出に向かいます。

以上です。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

電話番号バナー300x300 メール問い合わせバナー
ページ上部へ戻る