ブログ

「どうして?」旦那が最近冷たいのはどうしてなの?

どうも!探偵事務所の山田です。

「最近旦那が冷たいんだけど」と感じていたりしませんか?

実は、そう感じている人は意外にも少なくないようです。

最近夫の様子がおかしいというよりも明らかに塩対応の状況で
それを感じているあなたは
「なんでなの?どうしてなの?」と
戸惑いを隠すことはできないかもしれません。

聞いても「別に」と空返事が返ってくることが多く、
理由がわからない。

さて、どうして最近旦那が冷たくなってしまったのでしょうか?

この場合に考えられる理由として

あなた自身が原因になっているのか?
もしくは夫自身が原因になっているのか?

2通りの方法が考えられます。

 

あなたが原因で最近夫の態度が冷たい場合

「えっどうして私なの?
私は真面目に主婦をしてるわ。よくわからない」

とあなた自身は思っているかもしれせん。

しかし、知らず知らずのうちに旦那の嫌がるツボを
押してしまっている可能性があります。

例えば料理です。

夫の嫌いなものを日常的に出してはいませんか?

知らなかったなら仕方がないということもありますが、
「これだけは食べることができない」といっているものを
気にせず食卓に出しているなら注意が必要です。

本人からすると
「これだけは食べられないのにどうして平然と出してくるんだろう」
「仕事から疲れているのに信じられない」
という風に気持ちをなえさせることがるし、
ともすると帰宅拒否にだってなってしまうかもしれません。

「嫌いだ」ということをまったく口にしてない夫にも要注意です。

しっかりと食べている様子を確認して、
避けている食材があるようなら、
「もしかして嫌いなの?」
と確認してあげて初めて告白する場合もあるからです。

言えないからと言って我慢し続けるのは、
それはそれでつらいものです。

また、結婚してからもオシャレや身なりに気を使っていますか?

例えば、結婚する前はあんなに綺麗だったのに
結婚後は、横になりながらポテトチップスを
バリバリと食べている人も中にはいますよね(笑)

体重は以前と比べて10キロ以上開きがある。

朝から顔も洗わず、髪を整えることもなく一日を過ごす。

このようにあからさまに結婚後の態度が違うと、
夫は妻を女性としては見れなくなってしまいます。

そうなると一緒にいても空気のような存在になり、
「ふーん」
「あっそ」
というように空返事をするかもしれません。

急に冷たくなったらまずは
自分が原因を作っていないのか?と
日々の生活の中から見直してみるのもよいでしょう。

 

夫側に原因がある場合

次に夫側に原因があり、態度が冷たくなっているとパターンです。

例えば、仕事で嫌なことや明らかに忙しくキャパオーバーのようになっている場合、
家族にもそのまま態度として出てくることが多いです。

男性はどちらかというと、家庭よりも仕事そのものに
力のバランスを配分することが多いです。
(最近では家庭に割くような人も多いですが)

余談になりますが、私の父は仕事仕事で
家に帰っても一切会話がなかったですから(笑)

しかし、仕事場では一生懸命に働き
最上位の管理職まで出世しました。

そのように、仕事という場でエネルギーを割くことによって
力を使い果たしてしまい、「家でも構いたくても構うことができない」
ということが起こっているのかもしれません。

もちろん、冷たい理由として
他の女性が気になっている場合や浮気などが原因していることもあります。

他の女性に目が行っているので、
妻の姿が魅力的に見えないということになりますね。
(外でおしゃれして頑張っている女性と、
幸せをつかんで気が緩んでいる女性と比較するのは酷ですが。)

こういう場合は

  • 生活のリズムが明らかに変わった→仕事の帰りが遅くなる。
  • やたらと休みの日に出かけるようになる。
  • なぜか知らないがやたらとおしゃれをするようになった。

など日常の変化で、原因をつかむことができるかもしれません。

 

最後に

最近夫の態度が冷たいと感じる場合は、

「自分の中に原因がある場合」
「夫の中に原因がある場合」

と2通りの可能性を考えておく必要があります。

どちらにしても、結婚しているとはいえ安心しきったりせずに、
相手を観察したり、気持ちを想像したりして、
コミュニケーションをとることは大事だと思います。

 

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

電話番号バナー300x300 メール問い合わせバナー
ページ上部へ戻る