こんばんは、代表調査員のゆずみんです。

実は、一か月前に腰をガッツリと痛めまして。

初めてのギックリ腰だったのですが、実は椎間板ヘルニアだったりして。

ああいうのは痛いものですね。今も大事を取りながら調査を続けています。

優秀な調査員がいるお陰でなんとか養生しながら過ごしたり。です。

 

さて、勝負日。

 

デートの大事な日、今日はここぞと!男性諸氏

女性も同じく。

 

そんな日を浮気調査でも待っていたりします。

調査としては毎日様子を見に行って、行く先々のすべてを知りたいのですが、そうもいかず。

ましてや、同じ場所に同じ顔が向かうだけでもリスクもあり。

 

おおよその行動パターンを掴むまで、遠巻きに観察を続けカレンダーを睨み。

・・・この日動く可能性が高いんじゃないか?

という日時をお客様と一緒に考えて進めるとスムーズに行くことが多いです。

逆に「今は彼はなにをしてるの?」「いますぐ見に行って、気になるから」と、感情で動くと

予算をあっという間に使い果たし、証拠は撮れないばかりかお金も使い。

 

なので、浮気調査を依頼していただけるお客様には「勝負日」これ覚えておいていただきたいです。

ウチに依頼じゃなくても構いません(笑)

 

最短で最良の結果を出すには、ぐっと我慢して動きのパターンを見切り、一気に勝負する。

ウチではこの方法をお勧めしています(もちろん、動きが自由な自営業の方など、当てはまらない対象もいますが)

同じ調査でも人と時間をたっぷり使って費用をかけるよりも、と思ったり。

 

先日も、これにお付き合いいただいたお客様、しっかりと勝負日まで待っていただいたお陰で証拠獲得しました。

調査会社がすべて主導でも間違う事はあるし、お客様目線だと意外な見落としがあったり。

できれば二人三脚で進められるといいなー。といつも思うのです。

 

今日はそんな独り言でした。

 

それじゃおやすみなさい。(これから一仕事行ってきます)

営業時間・情報
0120-905-654
年中無休、24時間受け付けております
おすすめの記事
国民生活センター

法テラス

札幌弁護士会

北海道警察
札幌探偵事務所へのメール問い合わせ