ブログ

新しい機材が来たのでテストしてみたよα7siiっていう

 

こんにちは、代表調査員のゆずみんです。

先月から急に忙しくなり、幅広く調査に携わっています。変わらず社員さんや協力調査会社様を募集しております。よろしければご連絡を。

 

さて、人がいない場所ではなるべく離れて撮影したいですよね。加え、暗闇の場合は撮影に限度があります。以前ですと、ワテックというメーカーのカメラをモニターにつないだり、さらに赤外線LEDを車両に重ねたり。大げさな盗撮…じゃなかった、証拠撮りをしていたんですね。でも距離が近くじゃないとダメだったり、解像度が低かったり。

 

先日、こういう状況から脱出すべく、暗闇対策のカメラを追加購入しました。SONY α7siiという、高感度のカメラです。高感度というのは、少しの明かりでも逃さずに取り入れるぜー!っていう、あまりにも軽すぎるSONYさんに失礼な感じの紹介なんですが、実際に今までの機材などと比べてみましょう。

 

場所は北海道札幌市内、夜の19時天候は曇り、気温は1℃程度

 

すべて動画で撮影しました。わかりやすくするために、すべてオートです。

α7sii 期待の新人、以降α

PANASONIC HC-W870M 昼間は大活躍、早いズームが素敵。暗いのが難点、以降ビデオカメラ

iPhone7 接近撮影で大活躍、遠距離は解像度の関係でx、以降iPhone

まずは通常のビデオカメラ、薄暗いです。

続いてiPhone、ビデオカメラよりは若干色は出ていますが暗い、拡大するとさっぱりです。

続いて期待の新人、α。明るいですね。一言で済ませるにはアレですが、ちょっと驚きです。

続いて敷地内へ

まずはビデオカメラ、ボケが激しいですが色の再現性は良いほうですね。

続いてiPhone、明るい場所では割と綺麗です。

αは立体感があります、あと、解像度がはるかに高いのでトリミングをした時に差が出そうです。後で試してみましょう。

薄暗い脇道に入りました。人間の目でも暗い道です。ビデオカメラだと暗部は捉えきれません。

iPhoneも同様です、真っ暗です。

αはしっかりと引き出してくれました。動画撮影でこの明るさです。ISOは自動です。

ビデオカメラで、最後の暗所を撮影しました。ブレもあったせいか風景がさっぱりわかりません。

iPhoneです。やはり暗いと弱いです。水面がなんとか判別できます。

αはしっかりと風景を映し出してくれました。

肉眼よりも遥かに明るいレベルです。

 

 

新しい機材、性能の引き出しはこれからですが活躍が期待できそうですね。

α7s、いいですよ!

またレポします。

関連記事

CTA
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話番号バナー300x300 メール問い合わせバナー
ページ上部へ戻る