意外と持っていない写真

探偵でよくある尾行や張り込み、そこで必要になるのはターゲットの写真です。
ところが、依頼者がターゲットの写真を持っていない事が結構あるんです。

「あっれ...おかしいな」

と言いながらスマホをずんずんスクロールしたり、家探ししたり。

「あ、これでどうですか?」

と依頼者が出してきたのが一枚のプリクラ
探偵あるあるなんですよね。

特に若い世代になるほど、普通の写真が減ってきます。
どうやら「盛る」という言葉があるようで、いかに加工して原型をとどめないかがポイントのようです。

ターゲットがよくわからない。誰だこれは!?

と、こうなるわけですね。プリクラだと。

「どれぐらい盛ってるんでしょうか?」

と思わず聞きたくなります。今時のプリクラの性能のいいことなんのその。目とか輪郭とか足とか。。。なんだろ。

実は私、プリクラなんて10年以上撮ってないです。人生でたぶんその一回こっきりですね。あの狭っ苦しい、かつプリチーな空間に入る気恥ずかしさや、年頃の女の子が9割を占める空間でおじさんが耐えれるはずもありません。という訳で、仕事上見切りたいのでどれぐらいの性能かちょっと確認してみました。

有名なフリュー株式会社

探してみると、プリクラならここ!的なメーカーが見つかりました。
Company logo of FURYU Corporation.フリュー株式会社 (Wikipedia)

omronから派生した会社のようで。失礼ながら存じ上げませんでした。omronって精密機器とか画像解析強かったなーと思い出したり。なんと、2015年には東証1部に上場を果たしており、ビジネスの順調さが見えますね。すごいです。プリクラって撮った後もコンテンツビジネスになっているんですって。

メーカー様のサイトを見ると、こんなプリント機のようでした。

あー、なんか見たことあるようなないような。
正直言うと、おじさんには全部同じに見えます....すみません。

すごいな、今時のプリクラ性能

同じくメーカーさんの画像を借りてますが、なになに。

「丸フレームに沿ってコロコロやふりかけをON★」
「どうぶつをのっけてもかわいいよ♡」

う、うん。そうだね。かわいい、かわいい。。。。わからん;ごめんなさい。

顔もイジれるのか。。。知らなかった。輪郭変わるのは結構困る(探偵的に)
調査の時に個人を特定する材料として(★は特に見る)
★髪型
★髪の色
★目と鼻の大きさや形
★体型
★輪郭
・足
・耳の形
・靴
・唇
・おおよその好む服装(あまり参考にならない)
・歩き方(写真では不明)
・姿勢(写真では不明)
となりますが、ところがどっこい。
これらは片っ端からエフェクト入るようです。すごいな開発技術陣...

まだまだあった、こんな機能

さらっとラフ髪に、うるうるアイ、さらっとパウダー肌、血色メイク、パーツバランス

旬メイク選択機能:「抜け感」「いろち」「オルチャン」

まじかよ、すげーな。ここまで盛られたらわっかんないよ!!そもそも、言葉がわかんないよ!

 

という事で、実際に試してみた

私「すみません、今日はお願いします」

協力者「いえいえ、全然結構でございますこと」

という事で、この機械でプリクラ撮ってきてもらいました。

なんだろう、この漠然としたイラつきは...(笑)

 

実は大昔(3年ぐらい前)に流行った逆プリクラアプリというのがあってですね。
未だに通用するのか試したかったんですよ。

プリクラ補正軽減アプリ Primo Android版iPhone版

有名なアプリなので知っている方も多いですよね。

 

んじゃやってみましょう!

画像を選択して

スタートをタップするだけ

ピッカーーーン!

こんなんでましたけど~(昭和)

拡大

相変わらずなんだかザワザワします。

 

あーーーー、でもあれだ。

盛りが完全に勝っちゃってる感じです。

プリ機の進化恐るべし....。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、本人はこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然違うやんけ...

 

 

 

まとめ

という事で、探偵が尾行・張り込みする時に、もしもプリクラしか存在しなかったら。

という話題でしたが、答えは一つ

「勘!!」

じゃなくてですね。なるべく情報をもらってターゲットである確率を高めます。
車両、行動時間、服装、髪型、身長、歩き方などなど。撮影後はその場で依頼者にメールやLINEで確認を取ることです。
正直言うと、プリクラはきついです(笑) 最近のは全然わかりません。
自分でプリクラに行く事がまずなかったので、今日はいい経験になりました。恐るべしです。

 

今の若い子からしたら、どこまで加工して「すっごく可愛く」するかが大事なんでしょうね。個人的にはそういうのもいいでしょうが、楽しく過ごしている一瞬の笑顔のスナップとかも良いかと思いますよ。

私の若いころの写真なんて直立した写真しかありません(笑) そう思うと気軽にたくさん写真が撮れる今の若い子が羨ましくも思えたりします。

 

 

※本記事で使用したプリクラ機器(KITY2および関連画像)等についてはすべてフリュー株式会社に属します。

営業時間・情報
0120-905-654
年中無休、24時間受け付けております
おすすめの記事
国民生活センター

法テラス

札幌弁護士会

北海道警察
札幌探偵事務所へのメール問い合わせ