自分で追跡~GPSのレンタル

おすすめしたいGPS追跡キット

GPSとは”Global Positioning System”の略です、身の回りにあるGPSを利用した機器としては次のようなものがあります。どれも良くご存じのものではないでしょうか。


カーナビ

スマホ

カメラ


登山


船舶

結構種類があるのですが、その技術を浮気調査にも利用できるようにした端末があります。当社ではプロ仕様の日常で使える個人でも扱えるレベルの物をレンタルしています。

使用目的の例

・娘の外泊が多く、どこに行っているか気になる
・夫が仕事の帰りが極端に遅く、帰ってこない
・妻が買い物に行っているが、夜まで戻らない事がある
・仕事をしていない部下の行動を把握したい
・彼女、彼氏が普段どこに行っているのか知りたい

レンタルは2種類 GPSの種類

GPSにはロガータイプとリアルタイムがあります。
違いは以下の通りです。

 

リアルタイムGPS ロガータイプGPS
位置の確認 リアルタイム PC取り込み
大きさ タバコの箱程度 マッチの箱程度
位置確認 その場でPCやスマホから 回収して後日
位置精度 10m~30m 3m~
バッテリー 10日~20日 ※ 10日~ ※

※充電は約12時間~24時間必要
※商品到着時はお客様で再度充電をお願いしております。出荷時は動作確認程度のバッテリーだと考えてください。

レンタルGPSの種類と機能をご紹介

1.ロガータイプ(後ほどデータを確認するタイプ)

おおよそタバコと同じ大きさです。非常に小型なのでわかりにくいです。

本体の重量はほとんどありません。ケースの黒箱の方が重いぐらいです。超強力な磁石で車体に取り付けが可能です。

電源を入れると位置情報を記録し続けます。電源を入れる際はGPSが届く屋外で最初に電源を入れる必要があります。
一度の充電で約10日程度計測しますが、移動停止時は省電力になるために移動が激しい車、そうでない場合ではバッテリーの持ちが異なります。持続は目安となる事にご注意ください。
回収後、PCに接続してマップを閲覧すると、以下のように確認ができます。

地図を見ていただけるとわかりますが、通った道レベルでは誤差なく閲覧が可能です。抜け道を通った場合や、いつもと違うルートを通っている場合非常に目立ちます。線の色が違うのは記録が別時刻の意味です。

さきほどの地図ですが、詳細な表示も可能になっています。サンプルでは、23:04:07~23:04:44の間に札幌東郵便局へ停車しています(実測では車両の揺れにより途中で移動した事になる場合もあります)

記録は10秒に一か所を刻みます(目安)緯度経度を正確に記録しますので、どこで停車したか、どれぐらい停車していたかが一目瞭然です。ただし、記録数が膨大なので、停車位置や立ち寄り場所の洗い出しは若干手間がかかります。オプションで、記録期間内の時刻・場所・地図をレポートにするサービスも行っております。

2.リアルタイム

リアルタイム式の特徴は、現在のGPSの位置をお客様のスマートフォンで確認できる事がとても大きいです。

現在、弊社でご用意しているタイプは以下の通りです。

タイプ名:リアルタイムA 長時間バッテリー

タイプ名:リアルタイムB 標準バッテリー

タイプ名:リアルタイムC 高性能タイプ

どれも追跡するには申し分ありませんが、現在位置の取得更新間隔が大きく異なります。

高性能のタイプは10秒に一度、リアルタイムの位置を更新しますので、ほぼ見落とすことなく追跡が可能です。残りの2タイプは5分に一度更新されます。これがどういう事かといいますと

・同乗者がおり、二人一緒のところを追いかけて撮影したい。
・ホテルに入る瞬間まで追いかけたい

こういう瞬間を狙う場合は、一瞬でも見失うと撮影のチャンスを逃します。ですので、超リアルタイムの高性能タイプをお勧めします

残り5分更新の2タイプを選ばれるのでしたら、以下のような使い道になります。

・現在位置が少し遅れても、いつも立ち寄る場所(相手方の部屋)を抑えたい
・仕事をサボっている場所をつきとめて現場を撮影したい(パチンコ・昼寝・自宅立ち寄りなど動きが止まる前提)
・夜帰ってこないので居場所を知りたい
・とっくに仕事が終わっているのにどこで過ごしているのか、今いる場所をハッキリさせたい

 

(画面は高性能タイプです)

期間を指定して、一定条件で地図上に履歴を表示する事ができます。

移動時間について、表形式で確認も可能です。
停止時間もハッキリしているので言い逃れはできません。

長時間の範囲においては、よくいる場所をヒートマップ(分布図)で確認が取れます。サンプルだと、赤い色が濃い場所に長時間滞在した事になります。

この分布図の使い方としては、長期間設置したままにしておき立ち寄り箇所を洗い出す目的に使えます。

営業車であれば、よく行く訪問先、夫や妻であれば本来は会社・自宅がメインのはずですが、他の場所があるかどうか。娘さんであれば、友人関係の確認にも使うことができます。本体は持ち歩くような大きさではないので、カバンに入れたり深夜俳諧などの老人向けではありません。もしこの用途でご希望の方がいらっしゃいましたらご相談ください。この機材は「相手にバレないように」することが目的ですので、別の製品をご案内できます。

 

レンタル料金

ロガータイプとリアルタイム

リアルタイムの特徴

・リアルタイムで居場所がわかる
・スマホからでも確認が可能
・誤差は半径15メートル
・一回の充電で10日以上(設定により最大30日程度)
・発見しにくい黒色のボディー
・強力磁石で車体の裏側に。発見困難

 

 貸出時間 ロガー
タイプ
リアルタイムA
標準バッテリー
リアルタイムB
長時間バッテリー
リアルタイムC
高性能タイプ
 24時間以内
(引き取りのみ)
10,000円 12,000円 14,000円 16,000円
 3日 12,000円 14,000円 16,000円 18,000円
 7日 18,000円 22,000円 23,000円 28,000円
14日 20,000円 30,000円 31,000円 38,000円
11日目以降、1日ごと +1,000円 +1000 +1500 +2000

 レンタル時間は、お客様の元に届く日~返送をした発送日+1までがレンタル日となります。

例)火曜日からレンタル開始して、3日間借りた

月曜日に当社から発送、火・水・木ご利用、金曜日に返送

 

7日以上ご利用のお客様は、代引き手数料・送料無料サービスをしております。

料金が不明な方はお気軽にお問合せください。

フリーダイアル:0120-905-654

 

◆オプション

設置サポート:GPSの使用方法から取り付け場所までご説明します。 15,000円

GPS結果解析:最終的に取得したデータを行先別にレポートにまとめます。30,000円

取り付け同行:取り付けに不安のある方は同行させていただきます(※) 25,000円

※取り付け場所がお客様の敷地でなかったり、車両が所有物でない場合はお断りする場合があります。

 

GPSレンタル前に知っておいていただきたい法律知識

1)証拠としてのGPS

GPSという機械は相手方の居場所を知るには大変便利ですが、精度が最大でも5m~10mという点に注意してください。ご主人や奥様、従業員を問い詰めるにはちょうど良い材料になるとは思います。しかし、これが裁判になると変わってきます。「この車に自分はそもそも乗っていない、私がココに行ったという根拠は?」「そのGPSの記録は不法に取り付けられたものだ」「提出された資料はラブホテルを指しているが、実際は隣の整備工場に行っていただけだ」等の言い逃れが出てきますし、そもそもGPSの軌跡が証拠として認められることは(私の知っている範囲では)ほとんどありません。

交渉材料の為の証拠を掴むには、GPSで居場所を把握した上で撮影する事が必須です。事前の行動確認として利用して、もし白黒の「クロ」という事がはっきりした場合はご依頼いただいてもよろしいかと思います。

2)取り付ける際の注意事項

取り付ける車両はご自身の所有でしょうか。他人の車両に取り付ける場合、傷をつけると器物破損。取り付けるために他人の敷地内に入ると不法侵入などの刑事罰になります。これらに違反することが事前に明らかな場合はレンタルをお断りする場合があります。

 

レンタルと返却までの流れ

発送先は局留めや営業所留めが可能です。ご自宅からお近くの郵便局、宅配便のセンターをご指定ください。

到着後、説明書の通りにご利用いただき期間終了後は同封の返送用キットで送り返していただくだけです。


申し込みフォームへ(申し込みと同時に規約了承とみなします)

 

 

 

おすすめ記事

  1. 札幌探偵事務所の記事にて、以下を公開しました。
  2. 札幌方面、各警察署の事件事故情報、不審者マップへのリンク集です。
  3. 探偵への依頼をご検討中のお客様へ札幌の数ある探偵事務所の中から当社を閲覧いただき、ありがとうござ...
ページ上部へ戻る